旦那を嫌いになるきっかけ

トップページ > 旦那を嫌いになるきっかけ

結婚すれば幸せになれる…誰しもがそう思ってたのに

あなたは結婚に対してどんなイメージを持ってましたか?「毎日幸せで、子どもができてまた幸せになって、夫婦で仲良く力を合わせて生きていくんだ」…ほとんどの人がそう思っていたでしょう。世界一好きな相手と一緒になれる。家族として生きていく。幸せな未来を微塵も疑っていなかったのではないでしょうか。

実際に、結婚してから何年経っても新婚当時と変わらず仲睦まじい夫婦も数多くいます。しかし、いざ結婚してみるとそれがいかに難しいことか、多くの人が思い知らされるのです。今の日本の離婚率は30%。結婚した夫婦の3組に1組が離婚を経験している時代です。離婚に至っていなくても、不仲になってしまった夫婦の数を計算に入れるとこの数字はさらに跳ね上がるでしょう。

互いに好き合って結婚したはずなのに、いつの間にか顔を合わせれば喧嘩ばかりで嫌いになってしまう。今日も日本のどこかで夫婦が離婚をしています。おかしい…こんなはずじゃなかったのに、いったいどこで間違えたのか。

あんなに優しかった彼を変えたのは結婚か、それとも私か

誰が言ったか「結婚は人生の墓場」なんて言葉もあるように、楽しいことばかりではありません。恋人時代は優しかった彼が結婚してから豹変した、彼のだらしなさに気がついた。子どもができたのに少しも手伝ってくれない。溜まっていく不満、すり減っていく愛情。最終的に嫌いになってしまう…。

「付き合っていた時はこうじゃなかった。たしかに女心が分からないところはあったけど、彼なりの優しさと愛情はいつも感じていたのに!」そう思っているのはあなただけではありません。おそらく世の既婚女性の半数はあなたと同じ思いを胸に抱いているでしょう。その証拠にネットに”夫 ”と打ち込んでみてください…もう分かったでしょう。

世の中に旦那を嫌いと叫ぶ妻のなんと多いことか。「亭主元気で留守がいい」とは言いますが、できることなら夫婦は嫌いになることなく、末永く円満な関係でいたいものです…

いつから旦那を嫌いになり始めたのか思い返してみよう

脱いだものを洗濯機に入れない。金遣いが荒い。浮気症である。最近ハゲてきた。加齢臭がキツい等など、あなたが旦那さんを嫌いになる理由はまだまだあるでしょう。もしかしたら同じ空間にいることすら耐えられない。生理的に無理だという人もいるかもしれません。

「こんなことになるのが分かってたなら最初から旦那と結婚なんかしてなかった!こんなのは詐欺よ!無効よ!」と言いたくなる気持ちは分かりますが、失ってから大事なものに気づくということもあるわけですから、なんとか溜飲を下げていただきたいものです。

そこで少しでもあなたのストレスが発散されるように”世間の奥さんたちがどんな瞬間に旦那のことを嫌いになったのか、どうやって旦那へのストレスと付き合っているのか”をまとめてみました。この記事を読んで旦那へのイライラを全て吐き出してしまいましょう!