旦那の月収を越えてしまった

トップページ > 旦那の給料が安くて辛い > 旦那の月収を越えてしまった

男=外で稼ぐ時代は終わった!?低収入な男たち

”お金を稼いでくるのは男の仕事”そう考える人は今でも意外と多く、共働き夫婦でも収入は旦那さんが上回っている場合はほとんどです。しかし、奥さんと旦那さんの収入が逆転している夫婦もたしかに存在しています。

「世帯収入が増えればどっちでもいいや」と割りきって考えられるなら問題はないのですが、奥さんが「うちの旦那は頼りない」と思ったり、旦那さんが「嫁より稼げないなんて情けない」と自己嫌悪に陥ったりして夫婦仲に亀裂が入ることも…

かといって奥さんの収入を減らすわけにもいきませんよね。そこで、年収が逆転した夫婦でも円満に暮らしていける秘訣をご紹介します。

夫婦は持ちつ持たれつ、2人で支え合おう

あなたの旦那さんが奥さんより収入が少ないことを気にせず、”稼ぎが少ない分は家事や子育てで貢献する”という考えを持っている人なら遠慮無く働くことができるのですが、ほとんんどの男性は「男が稼がねば」という考えをもっているもの。なので、奥さんに家計を支えられている現状に内心では負い目を感じているはず。

そんな旦那さんの心の負担を減らしてあげるためにも”家庭での立場を確保する”ことは重要です。例えば、家族のために働く旦那さんを労ってあげるとか、熱心に働くところに感謝するといったことは男性のプライドを満たし、夫婦の摩擦の軽減に一役買ってくれます。「私のほうが稼いでいる」とか、「こっちも疲れている」と思うかもしれませんが、そこは家庭を第一に考えてうまく折り合いをつけましょう。

奥さんのほうが収入が高いと、どうしても収入格差=家庭内での立場となりがちですが、結婚した以上は全て2人の共有財産です。「男だから~女だから~」といった考えは捨てて、お互いに支え合うという夫婦の基本を思い出してください。