離婚したくてもできない時は…

トップページ > 旦那と離婚したいと思ったら > 離婚したくてもできない時は…

離婚したい…でも離婚できない。そんな時は

世の中の30%の夫婦が離婚を経験するご時世ですが、離婚を我慢している夫婦、婚姻関係が事実上破綻している夫婦まで含めると、もっと膨大な数になるのではないでしょうか。

子どもが大きくなるまで離婚はできない。相手が離婚に応じてくれない。等など離婚できない理由はそれぞれでしょう。しかし、離婚を我慢し過ぎた結果、ストレスでうつ病を発症して体調を崩してしまったというケースもありますから何年間も我慢を続けることは危険です。

そんな時は”別居”という選択肢も視野に入れて考えましょう。離婚したくてもできないという時に別居を選ぶメリットをご説明します。

早く離婚して楽になりたい!
嫌いな旦那との生活に耐えられない方へ

今すぐに離婚できない時は別居も視野に入れて考えよう

(1)元の関係に引き返すことができる……別居の最大のメリットといえば”離婚していない”ということでしょう。一度離婚してしまうと、後で後悔してもどうしようもありません。しかし別居であったなら、法的には夫婦のまま。2人の気持ちが元通りになれば、今まで通りの関係に戻ることもできるのです。

(2)離婚理由にすることもできる……重大な理由があるわけではないけど離婚したい。でも相手が離婚に応じてくれない。そんな人は別居を考えてみてはどうでしょうか。法で認められているような明確な離婚理由がない場合でも、約5年ほどの別居期間を経ることで、事実上、夫婦生活が破綻していると見なされ離婚できる場合が多いのです。さらに別居をすることで窮屈な結婚生活から開放され、ストレスも大幅に軽減されます。「離婚したくてたまらないが諸事情で離婚できない」というあなた。まずは別居からスタートしてみませんか?